DOUBLE CALL5~放物線の彼方2~   感想

  DOUBLE CALL5~放物線の彼方2~ 原作:イラスト: 緋色れーいち
(塔馬巽)森川智之×石田彰(千堂頼人)
結城比呂(堀田 聖) / 小野健一(秋吉城太郎)
陶山章央(鴻波 司) /鈴木千尋(風祭蒼一郎)
高木渉(風祭礼二郎) / 鈴村健一(国東洸一)
中井和哉(犬崎刀哉)
発売日: 2002年9月6日  2,700円
収録時間: 72分27秒  トークあり
発売元: インターコミュニケーションズ
 
 【ストーリー】

危険球を頭に受け倒れた塔馬は、千堂の呼びかけにも目覚めることはなかった。だがそんな塔馬が、見舞いに訪れた秋吉の呼びかけに目を覚ましたのだ。塔馬の中の、秋吉の存在の大きさを思い知る千堂。そして、塔馬とホームラン王を争う犬崎の気になる言葉。----塔馬さんはホームラン王にはなれねぇぜ。自信たっぷりに言い切る犬崎。その言葉の根拠を確かめるべく、千堂は指定されたホテルに向かうのだが…。

 【感想】

てっきり千堂(石田さん)の声で目覚めるのかと思っていたら
秋吉(小野健一さん)の声で目が覚めた塔馬(森川さん)
なんだか波乱の予感です

千堂が不安に思う中
目覚めた塔馬との快気祝いHですが
さすが帝王と呼ばれるだけあって森川さんもエロいですが
石田さんの「やめないでぇ・・」もすごいです

Hシーンでもないのにエロいのは、犬崎(中井さん)
嫌がる千堂を抱きかかえてグラウンドへ連れていったかと思えば
今度はバッターボックスで
「よぉ!今晩ひま?」と千堂をナンパ
このあたりの余裕が素敵です
塔馬がホームラン王になれない理由を教えるからホテルのラウンジに来い
と誘います
そして行く千堂・・・
「俺と飲みたかった・・?」
「バーボン、ダブルで・・・」

このへんの会話が氷のとける音とか入って大人な雰囲気で
エロかっこいいです
情報のお礼に軽くキスする千堂に強引に迫る犬崎
「燃えるぜ!略奪愛ならなおさら・・な・・」
もぉぉぉ中井さんどうしてそんなに俺様役が上手なのか?
Hシーンはまだですが、聴き所は結構あって楽しめます
俺様好きには、たまりません
6が一番聴き所が多いので
一番のおすすめは6ですね

フリトに出てなかったのが残念です
関西弁聞きたかったのにぃ~
DOUBLE CALL6~放物線の彼方3
~の感想はこちらです



DOUBLE CALL5~放物線の彼方2~
インディペンデントレーベル
2002-09-06
ドラマCD

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック