あらしのよるに 感想

あらしのよるに
発売日: 2006/12/22

【キャスト】
メイ:石田彰
ガブ:平田広明
タプ:山口勝平
ギロ:小杉十郎太
バリー:中井和哉

【ストーリー】
オオカミとヤギという本来であれば喰う者と喰われる物との間に生まれた奇跡のようなピュアな友情と葛藤・・・。信頼、友情、愛情といった柔らかく暖かい世界観の中、普遍性のあるテーマを据え、老若男女に問いかける感動の冒険ストーリー!!初回特典には出演声優陣のフリートークCD付

【感想】
中井さんが出演しているから聴いてみたのですが
普通に感動して涙が出るような作品でした

石田さんの演技が素敵で
洞窟でカブに自分を食べて生きて欲しいって言うシーンでの
「命はいつか終わりがくる。でも、私たちが出会えて友達だったことが消えるわけじゃないって・・・」
の言葉に心を打たれました~
あとヤギの鳴き声も可愛かったかな

こんなに真面目な作品なのに
ガブ(平田さん)がバリー(中井さん)に、おびえるシーンで萌えた自分(自重)
バリーの出番は、それほど多くはないけれど
子供向けの怖い声も微笑ましいです
個人的には、中井さんにヤギを演じて欲しかったなぁ~
絶対あうと思うんだけどね、素の声でOKでしょ?
メイが中井さんで、ガブが平田さんだったらと思うと
(だから本当に自重しろ!)

え~とっ・・自分はハッピーエンドが好きなんですが、この終わり方が
二匹にとっては、幸せなのかとも思います。
食うものと食われるもの・・・この二匹の絆は、ある意味、究極の愛なんでしょうね
子供だけじゃなく大人も考えさせられる
ハンカチ必須の作品でした

・・・がフリートークは声優陣も言っているように
子供には聴かせない方が良いかと・・・(笑)
子供の頃に読んだ感動した作品の話なのに
おさるの情事ジョージって(爆)
少し大人向けなフリトになっています
個人的には、中井さん、平田さん、勝平さんの三人が一緒というだけで
貴重な作品になっていますが
このフリトで中井さんが【泣いた赤おに】の話をされているので
中井さんファンの自分にとっては、本編よりもフリトの方が貴重になってしまいました
それにしても勝平さんは、よくしゃべるなぁ~(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふぁみーゆ
2009年06月11日 11:52
はじめまして。
いつも楽しくサイトを拝見させていただいてます。

私もこちらの作品を聴いて、ストーリーの良さはもちろんですが、声優さん達の声だけでの演技の素晴らしさに感動しました。
でも、初回特典付きではなかったので、キャストトークが聞けなかったのが残念でした。
ガブ役の方、特に上手だな~と感じました。
2009年06月11日 18:21
>ふぁみ~ゆさんへ
はじめましてぇ
コメント有難うございます(^^

「あらしのよるに」は作品、演技ともに
とても良いお話ですよね
キャストトークは結構初回特典とか店舗特典とかが
多いので自分も古い作品だと聴けない事があって
悲しいです
なるべくヤフオクとかで特典付きなどを狙ってるんですけどね!

たいした感想も書けないんですけど
また遊びに来てくれると嬉しいです
ありがとうございましたぁ

この記事へのトラックバック