美男の殿堂  感想

美男の殿堂 原作・イラスト: 神葉理世
キャスト: (殿下叶) 遊佐浩二×成瀬誠 (名取淳哉)
      (クリスティアン・ベルナドッテ) 小野大輔×中井和哉 (姫野有祐)
      (郡司将) 中村悠一×宮田幸季 (太夫郁実)
      真殿光昭 (本多成)/ 寺島拓篤 (不良)
発売日: 2007年1月19日 3,000円
収録時間: 75分23秒 トークあり
初回盤番外編ドラマCD付(バレンタイン編・ピクニック編)
発売元: キャラモモ バナナジュースカンパニー

 【ストーリー】

ミュージシャンになろうと家を飛び出した淳哉。路上で歌っている所を、超美形の“殿下”なる人物に捕獲される!! 殿下の経営するアパートは通称「美男の殿堂」、美形♂ばかりが住んでいて…!? 

 【感想】

物語は4部構成になっていて
1は (殿下叶) 遊佐浩二×成瀬誠 (名取淳哉)がメインです
それぞれに、あだながついていて
(殿下)遊佐さん (御前)成瀬さん (伯爵)小野D (姫)中井さん
(将軍)中村さん (太夫)宮田さん
で以下この名前で呼ぶ事にします

成瀬さんの声は、このCDで初めて聴きました
原作は、読んでませんが、自分のイメージの中では
ぴったりとあってました
ミュージシャンを目指してる設定ですが、あまり歌は得意じゃないのかな?
中井さんも得意じゃないので、なんだか微笑ましいなぁ~
殿下は、登場の度にキラキラと輝いてます
股間の感触で相手が分かるってすごいな!
今回は、この二人キスと軽いタッチでまでで本番には、いたっていません

2は姫(中井さん)と伯爵(小野D)がメインです
ハイテンションな外人役の小野Dが似合いすぎて笑えるわぁ
寿司職人をめざす姫が握った寿司を伯爵に未熟と言われ
それ以来、姫は伯爵に上手いと言わせる為に頑張るのですが
あっちいけっ!
うせろっ!!
 
とかツンな姫が、可愛いです~
伯爵もそんな姫に可愛いですうぅぅ~を連呼
(激しく同意です!!)
伯爵に、ちらし寿司を褒めてもらった時の姫の喜びようが
可愛くて可愛くて
こちらも残念ながら本番までいかなかったけど
姫ちゃんM字開脚まではします(笑)
中井さんが、このM字開脚のセリフを噛んで、みんなに
爆笑されたというエピソードを聴いていたので
ニヤニヤしちゃいましたぁ

3は(郡司将) 中村悠一×宮田幸季 (太夫郁実)がメイン
このCPだけ本番ありです
太夫(宮田さん)の腹黒さが過去のトラウマによるものと
わかった時は、ちょっと切なかったけど
太夫の明るさに救われます

4は御前の入居半年をお祝いして、みんなから
あるプレゼントをされる話です
ここで本番か?と思いきや・・
また逃げられ結局未遂に終わっちゃいました

フリトは遊佐さん司会で小野Dが、かなりいじられてます
中井さんは、「いいよ・・・・もうぉ~」
「もう・・いいでしょ?」

とか、あいかわらずフリトが苦手な感じで可愛いです
可愛そうだけど、嫌がってる中井さんが可愛くてフリト楽しみに
しちゃうんだよなぁ~

今回は、ちょっと物足りない感じがあったけど
その分続編に期待がもてる一枚でした
美男の殿堂収録インタビューもどうぞ
    
美男の殿堂
インディーズ・メーカー
2007-01-19
ドラマ

ユーザレビュー:
ピッタリです!!・殿 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"美男の殿堂  感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント